京都スポット

【舞妓さん】祇園で舞妓さんとお座敷遊び!どうすればいい→答えはETM【祇園】

更新日:

Pocket

舞妓さんと祇園でお座敷遊びしてみたーい!

これぞ京都!と思いませんか?いやきっと思うハズ。笑
と言いつつ「でも一見さんお断りなんでしょ?」&「もし呼べたとしても超高いんでしょ?」
この2点のせいで、舞妓遊びという物について真剣に考える機会がなくなり、
我々から舞妓さんを遠ざけていると思います。

舞妓さんとお座敷遊びできちゃいます!

ところが。一見さんでもOKで、その上リーズナブル。
もちろん舞妓さんは本物。しかも料理を食べて、お酒を飲みつつお座敷遊びも堪能できる。

そんなサービスがあるとしたらどうします?

そりゃもう行くしかないでしょう!
というお話を、株式会社S-fleageさんから取材のお話をいただき、
トラベルジェイピーで記事にさせていただきました。

で。舞妓さんってどうなん?

流れなんかは、トラベルジェイピーの記事の方にも書いてます。
で。何が言いたいかと言うと。
舞妓さん。超カワイイ!ヤベぇッスということ。

すっぱい葡萄。よくない

普段。舞妓さんってどういうイメージですか?
というか普段接点がなさすぎるというのが現状で、
「いや。舞妓さんねー。そんなに興味ないス」、
もしくは「白塗りでちょっと怖い」って言うのが、
まぁ普通だと思います。

でもね。それは。
すっぱい葡萄ってヤツですよ。

生で見る舞妓さんは、超カワイイです。

ETM楽しかった

今回、取材させてもらったのは、
株式会社S-fleageさんのETMというサービス。

ETMってどんなん?

祇園の料理屋さんの1部屋を数グループ(20人くらい)で借りて、
そこへ舞妓さんを呼んで、お酒を飲みつつご飯を食べ、
踊りを見たり、お座敷遊びを体験するというプラン。

実はETMは訪日外国人向けプラン

で。このETMの正式名称は、Enchanted Time With Maikoという
何かちょっと難しめの英語名のサービス。
頭文字を取って、E・T・Mというワケ。
というのも。実はETMは訪日外国人向けのサービス。
日本人向けのサービスに比べるとライトな内容になってます。
その分価格はググっとリーズナブル。

ETMの特徴として、提供される料理にステーキが付いていたりとアメリカナイズされてたり、
アナウンスもお店のなかでの解説なんかは英語だったりします。

でも。だからと言って日本人が参加しないのはもったいない!

中学生英語くらいが理解できれば、全体の7~8割はわかる解説となってます。
外国人向けの解説なんで、日本人なら普通に知ってることも多いので、
英語はわからなくても、知識でカバーできることが多いです。

というか海外のアクティビティやオプショナルツアーに参加すると、
日本語なんて存在しない場合もあるし、
そういうモンだと割り切れば全然いけます。

リンク先の英語を確認するといいかも。
「行けそう!」ってちょっとでも思ったら、迷わずGOです!

舞妓さんと喋るのは・・・照れます!

で。ETMの最大の目玉は、舞妓さんとのトークタイム。
舞妓さんがグループごとのテーブルを回って話をしてくれます。
その時に、気になる、あんなことやこんなことを聞いちゃいましょう!

と言っても、舞妓さんとface to face。

これねー。かなり緊張というか、デレます。
頭真っ白で、デレデレモードがしばらく続きます。
立ち直るまでにけっこう時間かかるんで、質問はメモっておいた方がたぶんベターです。

とりあえず舞妓さんへ定番の質問!

ちなみに定番の質問は僕がしておきました。笑

Q.京都で舞妓さんに会った。写真とか撮ってOK?

A.写真は大丈夫。隠し撮りをせずに、堂々と写真のお願いをしてください。とのこと。急いでる時もあるけど、お願いされたら撮らせてくれるそうです。お客さんと一緒にいる場合も、お客さんに許可を取れば、写真撮ってもいいそうです。

へぇ知らなかった。写真って撮らせてもらえるんですね。

Q.本物の舞妓さんとコスプレ舞妓さんを見分ける方法は?
A.本物の舞妓さんは、ケータイやスマホ禁止なので、持ってたら本物じゃない。
あと、舞妓さんが付けてるかんざしは、12か月それぞれの月で、その月にちなんだ花がモチーフのかんざしをしているので、季節と違う物をしてたらニセモノ。
あと、キョロキョロしてるのも、本物じゃない。という感じでした。
ってかよく考えると失礼な質問でした。笑

舞妓さんって笑う

ってか、喋ってると気が付くんですが、
舞妓さんって笑うんですねー。

超シュッとしてて、クールビューティーの象徴みたいな存在だし、
お座敷では笑わないと思ってました。

でも舞妓さん笑います。笑顔が超キュートです。

トークの腕の見せ所です。素敵な笑顔が引き出せた方がいいに決まってます。

まとめ

とまぁこのようにETMちょっとの勇気を持って飛び込めば、
めくるめくの舞妓さんワールドです。
あー。ちなみにもちろん舞妓さんは、日本人。
たまーにいる日本人と話をするとホッとするって言ってました。

祇園でコース料理を食べて、舞妓さんと遊んで2時間のコースで1万9千円。
安いー!ってことにはならないと思いますが、
祇園でお酒飲みつつご飯食べれば、1万円くらい行っちゃうし、
そう考えれば9千円のオプションツアーみたいな物です。

個人的に超オススメ!
行けば分かるさ!ありがとー!

The following two tabs change content below.
けいたろう
旨いもんライター。けいたろうと申します。 主に京都と大阪を歩き回って旅行情報サイトにガイド記事を書いてます。 このブログは、そんなグルメライターのメモ帳の中味って見てみたくないですか? というブログです。取材で行った観光地のお店、記事制作こぼれ話、その他日々思ったことなどが書かれてます。 執筆・取材依頼もお待ちしてます。よろしくお願いします。

-京都スポット
-, , , , , ,

Copyright© グルメライターのメモ帳の中味 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.