【フルサイズカメラ】2019年02月現在の最遅レビュー?超今さらキヤノン5D を買ったらすっかり愛機になっちゃった【Canon EOS 5D初代】

買い物

スポンサーリンク

カメラ購入!

いぇーい。カメラ買ったぜ!
Canon EOS 5Dだぜ。と大きく出ておいてなんですが。

Canon 5D買ったった

…買ったの初代です…。無印。
現行モデルはマーク4ですが、マーク1。

といいつつ初代。笑

というか、何においてもマーク1とかって型番は存在しないので、やっぱ無印。初代。

発売が2005年なんで13年以上前のカメラですね。

あー。ね。サーッて人が居なくなったのが分かります。
でもね。これでいいんですわ。

いつかはフルサイズを実行

買った理由が「とりあえずフルサイズで写真撮ってみたい」って感じだったんで。
ちなみに、もう帰った人ばっかりだと思いますが、
値段を聞くと戻ってくるかも。

3万円で買いました。フツーにAmazonで。
って今アマゾン見たら、2万円で売ってやがりました。クキーっ!
ってよく見たら、バッテリーなしでした。ふー。
と言いつつ、バッテリー付きでも2万5000円とかです。
キーッ!損した。笑

ただ。メーカーのサポートはとっくに切れてます。

故障しても基本的に修理できません。タイトロープです。

レンズは撒き餌単焦点を装備

で。ボディは5Dで。レンズはというと。まぁそれしかないわな。という選択肢。
撒き餌レンズ。Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応。

当然の選択として単焦点ですよね。そりゃ。
何というか、この組み合わせを否定するのは、
ただ知ったかマウントが取りたいだけのヤツじゃね?的な組み合わせ。

仕事用はPanasonic FZ1000

ってか普段の仕事では、
PanasonicのFZ1000使ってます。

いわゆるネオ一眼です。ハッキリ言って素晴らしいカメラです。
何でも撮れます。焦点距離は25㎜から400㎜で何でも撮れます。
近くだろうが、遠くだろうが、暗くてもかなりいい感じ。
動画も4kで撮れて、まぁ何でも撮れるので、非常に優れもので、
色々撮り歩いたり状況がコロコロ変わったり、
動きの早いものを撮ったりとかに便利です。
ってか、レンズも交換なしなので、カメラ1台、レンズ1本みたいな状況では、
間違いなくオススメ機です。
値段も今の価格相場だと中古で4~5万くらいなんで安いし。

Canon 5D初代。アリ?ナシ?

で。話戻って、じゃなんで5D買ったかと思うと。
やっぱフルサイズ欲しいから。
あと。FZ1000は何でも正確に撮れるけど、味わいのある写真となるとちょっと苦手だったから。
だからレンズも単焦点。
で。買った判断をジャッジすると。
いい買い物をした!!デデ~ン!

何を撮っても楽しいCanon 5D初代

なんちゅうかね。写真を撮るとね。
優しいサブカルな世界観になるんですわ。ボケ味も最高。

どこを撮っても何を撮ってもゆるくてフワフワしてて優しくてマイナー。

高精細なのにふんわりみたいな感じ。

岩井俊二やウォン・カーウァイの映画やスピッツのマイナーな曲のような。

なんかそんな感じ。

Instagramとかのタグに「#ファインダー越しの私の世界」ってのがあるけど、
まさにそんな感じ。

しばらくこのフィルターのメガネを掛けて生活したい。

あと。意外とバッテリーもへたってなかったです。

やっぱり苦労もあるCanon 5D初代

と。ここまで絶賛してきましたが、やっぱアレな部分も多いです。
そりゃ13年前のだし。3万円だし。何というか。
むしろそういうのを乗り越えるのが楽しい的な。

まず。買ってレンズをはめて。そこまでは問題なし。
さて。SDカード入れるか。



って思ったら…



何だ?このデカい穴。明らかにSDとメディアが違う。
えーっと。何入れるん?
調べると。CFカード。CF?知らない。笑
検索。えーっと。コンパクトフラッシュ。
えーっと。コンパクト?これが?笑
まぁ昔からある規格っぽいので、大きさはこんなモンですよね。

ってか、高い。なんだよ。5000円とか。笑

ガジェットを新たに買ったら規格に注意

って調べたら、変換用のゲタが売ってた。安っすい。それで。

で。知っている僕は。
こういうのは、実はさらに細かい規格があって。
それを間違えると認識できなくてー。ってモキーッてなるってことを。
あー。ぼくってクレバー。
で。調べてみると、CFカードってのには、読み書き速度の速いType2が存在。
Canon5Dは初代でもCFカードのType2に対応。ふむ。

というワケでtype2を購入。装着。

さて。これで撮れるわい。
と思ったけど、今度は写真を読み込む度に、ゲタから出すの面倒だし、
CFカード対応のカードリーダーを買おう。まぁ投資だ。しょーがない。

ガジェットを新たに買ったら規格に注意ッ!!

家電量販店に行ったついでに。現物購入ー。

・・・で。
まさかのカードリーダーにカードが入らない。
えーーーーーーーー。うーーそーーだーーー。モキーっ!メキョーっ!
何でやねん。
よく調べたら、カードリーダの方がtype2非対応。
ある?そんなんある?モキーっと悶えてのたうち回って、
Type2対応のカードリーダを購入。はぁはぁ。

ガジェットを新たに買ったら規格に注意!!ッ!ッ!

いやぁ。新しいガジェットを買うと、こういう発見とか、
知らない世界とか色々あって、いい勉強になりますよね!(つよがり)
ちなみに現行モデルとかだとSDカード対応なんで、
こんな苦労はしたくてもできないんですよ。どーだ悔しいだろう?(つよがり)

CFカードをType2のを買ったら、カードリーダもきちんとType2対応のを買いましょう!!
・・・はい。

苦労の先には素晴らしい世界

と。まぁそんなこんなでCFカード問題を無事クリアした先には、
優しいアンニュイでサブカルな世界。

よき。

マジで何撮ってもいい感じ。

色んな物撮ってます。

よき。

現行モデルとは違いまくり

で。5Dのアレなトコ。もう1個。
それが、液晶周り問題。
えーっと。今のカメラの感覚からいうと液晶がなかなかエキセントリックです。
まず。チルトとかバリアングルとかその辺は一切ありません。
「何それ?美味しいの?」状態です。まぁそこは知ってました。
まぁあるワケないわなって感じ。

ライブビュー撮影がないという概念

で。ビックリしたのは、ライブビュー撮影ができないということ。
もう今さらライブビューって当たり前すぎで「ライブビュー」って言葉に馴染みがなく、
みんなでサッカー見るヤツ?って認識もあるくらいですが、
ライブビューってのは、液晶見ながら写真撮るヤツ機能。
っていうか、今どきそれは機能っていうよりあって当たり前。
というかファインダーすら付いてないカメラもいっぱいあるし。

ライブビュー撮影がないという概念!!

で。5Dに液晶付いてます。でも見ながら撮影できません。
では何のために付いてるんでしょう?
って答えを即答できる人は頭の柔らかい人かも知れません。
そう。答えは撮った写真の確認用です。
何というか。僕は当たり前の当たり前すぎて気が付けませんでした。

で。そんな5D。買った最初はどうやって液晶とファインダー切り替えるんだ?
って結構調べました。まさか機能がないと思わず。
で。ネット調べて出来ないって記事を読んだ時には、
逆にけっこう目から鱗でした。固定概念って怖い。笑
で。その液晶のクオリティは…まぁ13年も前のだし…ねぇ?笑

Canon 5D初代は暗めがお好き?

あと。写真がちょっと暗めぐらいだといい味。

でも。ちょっと明るすぎると、一気に飛んじゃうイメージ。
あと。液晶でそこそこ明るい印象でも自宅のPCで見ると、
けっこう暗かったり。
何というか、ちょっと確認関連が弱めですかね。

ISOは自分で決めるもの。笑

あー。あとISOのオートモードはありません。
アッサリということか?って感じもしますが。
まぁ。ドンマイ。笑
ってか、どうせF値低めの写真を撮る予定なので、ISOも低め固定で撮ってます。
まぁ夜間はあんまり使えないんかなー。まぁそもそもあんまり夜取らないですけど。

単焦点レンズとクローズアップフィルター

ちなみにカメラ本体の話とは直接関連ありませんが。仕事用の料理はアップの写真が必要。
というと。マクロレンズ!と言いたい所ですが。
クローズアップフィルター使ってます。
1000円くらいス。安い!

なのにかなり寄れます。
とりあえず買った時の季節の果物だった柿に登場してもらいましょう。

つけてない状態の遠いのがこちら。これが通常。

つけてない状態で寄るとピンボケ。
で。つけた状態で寄ると、ここまで寄れます。ヘタがくっくり。

ちなみに付けた状態で遠いとやっぱりピンボケ。

と付けてると遠めで撮れないので、若干面倒ですが、
レンズ交換に比べるとやっぱ楽。そして安い。

ま・と・め!

とまぁ。3万円で買ったCanon 5D初代。
描写力は高いんだけど、ほかの雑事には弱いって感じ。
状況の変化に弱いので、仕事向きじゃない。完全に趣味機ですかね。

まぁ何となく、「俺っち仕事はするけど、細けぇことはわかんねーよ」って、
バイヤーの人を追い返す職人をイメージしちゃう。
朴訥で不器用な感じがする。でも撮る写真は優しいんですけどね。笑

あと。メーカーのサポートないので、タイトロープな機体なので、
買うって人は、覚悟の上かつ自己責任でお願いします。

The following two tabs change content below.
けいたろう

けいたろう

旅するグルメライターけいたろうです! 主に京都と大阪を歩き回って旅行ガイド記事を書いてます。 グルメライターのメモ帳の中味って美味しそうじゃないですか?

コメント

グルメライターのメモ帳の中味