【京都ラーメン】京都で一番有名なラーメン屋さん!第一旭に行ってきた【行列店】

京都グルメ

京都で一番有名なラーメン屋さんの第一旭に行ってきました。
一番有名。うん。たぶん。いつ見ても行列してます。

スポンサーリンク

京都で一番有名なラーメン屋さんといえば第一旭

京都駅から徒歩圏内にあるので、
新幹線で東京大阪間を移動する際に、ぶらり途中下車して食べる人もいるとかいないとか。
ついこないだ東京の新宿に支店ができたってニュースにもなってました。

第一旭に初入店

そんな第一旭に行ってきました。
食べたのは、1月6日の夕方4時ごろ。日曜の夕方前だからか正月終わりだからか、
ほぼほぼ行列がありませんでした。

京都に長年出入りしてるのに初入店なのは、
行列が皆無だったからというポイントも大きかったりします。笑

第一旭の初見殺し

で。メニュー。
ちょっとした初見殺しアリ。
メニューにはラーメン700円と特製ラーメン850円の文字が。
まぁ特製というからには、何か特殊なトッピングとかあるんかな?
もしくは、タレとかスープがちょっと違うのかな?
初めてだしスタンダードか?いやまずあえて特製か?とか考えつつ
店員さんに確認したところ、
「大きさが違うだけ。味は同じです」
というまぁまぁ衝撃的な答え。笑

というワケで普通サイズで問題ない人はノーマルを頼みましょう。

第一旭のメンマラーメン700円

とここまで書くと、いかにも普通のラーメンを頼んでそうですが、
メンマラーメン700円を注文しました。

ラーメン分析

で。普通のラーメンにはチャーシューは入っててもメンマは不在の様子。
たぶんこれはかなり最適解っぽい。笑

スープはちょいギトの醤油とんこつ

で。ラーメン。表面は動物系な油でコーティング。
スープは茶色く醤油ベースっぽい。どうも豚骨醤油らしいです。
ギトギトの2~3歩手前。ちょい濃いめな感じくらい。

麺はちょいエロという新たな概念。笑

で。麺。あんまり外でラーメン食べないので、詳しくはないんですが、
なかなか珍しい麺でした。
中太のストレート麺なんですが、なんというかモッチリとムッチリとした食感。
つるつるーという喉ごしスッキリという感じではなく、
妙に肉感的でネットリと口の中や舌に濃厚に絡みついてくるタイプ。
なんだか字面にするとエロいな。笑

で。そんなちょいエロの麺が口の中での滞在時間を伸ばしつつ、
ちょいギトなスープをまとって上がってくるので、
スープを吸い上げる装置として、まことに優秀な働きとなっております。

ようは美味い!ということ。
有名になったり、行列になるのも納得という感じです。
ちなみに店を出たら、長蛇の列でした。
むしろ入店したときに、なぜ行列がなかったのか不思議なレベル。笑
ちなみに営業時間メッチャ長いです。

第一旭の初見殺しその2

そういえば。初見殺しその2がありました。
ラーメン持ってきてもらって、お箸ドコかなー?って思ったら、
実はお箸は机に組み込まれた引き出しの中に入ってます。笑

京都旅行的第一旭の利用プラン

で。第一旭。いろんなところに京都駅から5分くらいとか書いてますが、
まぁ新幹線の改札うんぬんやら行列やら何やらかんやらあって、
新幹線のドアtoラーメンは1時間くらいはザックリかかると思います。

「新幹線の出発まであと30分あるし!」ってノリにはオススメできませんが、
京都について新幹線降りた瞬間に「そうだ!第一旭行こう」はアリだと思います。

ま・と・め!

京都で一番有名なラーメン屋さんの第一旭は醤油豚骨
麺はムッチリ食感でちょいエロ。笑

【第一旭の店舗情報】
店名:本家 第一旭 たかばし本店(ほんけ だいいちあさひ たかばしほんてん)
住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
営業時間:5:00~翌2:00
定休日:木曜日
電話番号:050-5570-0973

The following two tabs change content below.
けいたろう

けいたろう

旅するグルメライターけいたろうです! 主に京都と大阪を歩き回って旅行ガイド記事を書いてます。 グルメライターのメモ帳の中味って美味しそうじゃないですか?

コメント

グルメライターのメモ帳の中味