フルサイズカメラのCanon5D初代壊れちゃった!修理した。また壊れた

スポンサーリンク

コラム
Pocket

うううぅう。カメラ壊れた。
「え?こないだ5D買ったって言ってたやん?」とツッコミがありそうですが。

フルサイズカメラの5D初代、壊れちゃった

そう。カメラ。あんなに大喜びで5Dを買ったんですが。

まず結論。壊れました。

壊れて直らない初代5D

しかも2回。そして直ったのは1回。つまり今も我が家の5Dは壊れたまま。

で。どんなことがあったかと言うと。

初代5Dはミラーが取れちゃう機体多し

1回目の故障。
実はこれは僕の使い方が悪いとか。そういうのではないそうです。
で。どんな故障かと言うと。ミラーが取れました。
カメラの構造の話。ざっくり。
カメラは中にミラーが入っています。
で。そのミラーが撮影の度に回転します。

中のキラリンが鏡です。
説明すると4~5本は記事が書けてしまうけど書きません。ググってください。笑

Google検索「一眼レフ 鏡」

ちなみにこのミラーがないのが、ミラーレスですね。この辺もググってください。

Google検索「ミラーレス カメラ 鏡」

ミラー剥落は突然に

で。話戻って。
「ミラーなんて取れるの?」、「はい。取れました」。
えーっと。5Dを買って、2~3か月くらい。
写真撮ってたらカメラから突然。「シャラリカシャーン」って音が。

えっと。何が起こったかなんてわかるわけないです。
最初、オシャレなシャッター音かと思いました。
でもなんかカメラから、カラカラ音がしてます。

で。レンズを外してボディーの中を見てみると。ミラーが取れてます。
さっきも書きましたが、カメラの中でミラーが回転する板があるらしいんですが。
それが完全に剥離してます。

まぁ買う前に分かるワケないですよね

これは調べて分かったんですが、
カメラのミラーは回転盤に接着剤でくっ付いてるらしいんですが、これが取れてます。
あー。写真撮り忘れた。そこそこショックだったんで。
〓代わりに5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その1〓

というか。カメラの内部構造ってなんとなく、じっくり見ると、
故障の原因になりそうなんで、あんまりじろじろ見たことなかったんですが、
今回「故障したし」ってことでかなりじっくり見ました。
ちょっと勉強になったかも。笑

修理できないのは覚悟の上

で。購入編にも書いたんですが5D。
メーカーのサポートが切れれて、故障したら修理できないっていうのは、
覚悟の上での購入でした。

でも。まぁそこは現代っ子。トラブルに向き合ったら、まずはggrks。
というワケでググりました。「5D ミラー 外れる」で検索っ!
すると出てくる、出てくる。笑

Google検索「5D ミラー 外れる」

あきらめかけたところに突然の光明

なんかどうも。5Dは構造上、ミラーの接着が甘いそうで。
2015年まではキヤノンで無償補強してくれたらしい。
しかし時はすでに2018年。
あーあ。と諦めかけたところ。

自力にて接着剤で直した猛者もいるという報告。
まぁあると思います。
カメラとかガジェット好きな人間は接着剤とかガムテープとか大好きなイメージ。
勝手な想像ですが。笑

で。「しゃーねーなー。自力修理かー。ヤダなー」って思ってたら、
1つのサイトが。
それがヒガサカメラ様。

キヤノン専門修理店|カメラとレンズの修理メンテナンスはお任せください|ヒガサカメラサービス
Canon製のカメラやレンズの修理メンテナンスを行うキヤノン専門店です。キヤノンより認められた技術者が修理点検を致します。カメラ レンズの不具合は『キヤノン専門修理店』ヒガサカメラサービスにお任せください

おー。まさにそのことが書かれてるー。
で。料金。13000円。まぁそんなモンっスね。
ってか住所を調べると、大阪市内。
日本でも5Dのミラー剥落の修理は、ここくらいしかヒットしないのに、
まさかの1時間圏内。

というワケで持ち込んで直してもらいました。
持ち込んだついでにチョイチョイと話してみたところ。

ヒガサカメラさんとのやりとり

Q.取れやすいらしいので、補強してもらうことって可能ですか?
A.昔は補強してたけど、今はその補強材もない。

Q.くっつけた後に取れるの再発しないですか?
A.今まで再発の報告は来てない。

Q.ほかの修理ってできますか?
A.パーツがないのでできない

とのことらしいです。
つまり5D買った人は、取れるまで普通に写真撮ってて、
取れたらヒガサカメラさん。って感じですかね。
ちなみに修理条件は接着剤を使用しての、
自力修理を試してないこと。らしいです。

いいですか。修理条件は接着剤で自力修理してないこと。
修理条件は接着剤で自力修理してないこと。
大事なことなので2回言いました。
くれぐれも自分で修理しようとかおもわないように。笑

ということでボディだけなら本体代と修理代を合わせて4万円強。
なんでやっぱりお得っスよ。

ちなみに中古市場を見てると、ミラー剥落対応済みとかって明記してある5Dも見つかる。
世の中は広い。笑
〓5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その2。〓

【悲報】初代5Dまた壊れる

と。
思ってたら。また故障しました。5D。
今度は、ある日、突然。電源が入らなくなりました。
ガビーン。
〓代わりに5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その3。〓

初代5D壊れたといえばヒガサカメラ

ということで、まずは先ほどのヒガサカメラさんに泣きついてみる。
「前にも申しましたが。修理できるのはミラーの剥落だけ」。
「ほかの症状はパーツがないので、残念ながら修理できません」とのこと。
うわーん。マジか。マジでか。
ミラーの修理までしたのに。

むかーしのフィルムカメラは修理可能。昔のデジタルカメラは修理不可

と思いつつもあきらめきれない。
値段もさることながら、写真もメッチャ好きだったのに。
〓代わりに5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その4。〓

壊れたのはあまりにも悲しい。
〓代わりに5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その5。〓

好きな感じの写真が撮れないのって悲しいッスね。
〓代わりに5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その6。〓

と。ちょっとあきらめる気にならなかったので、
カメラ屋さんとかに行く度に、「5D直らないですか?」って聞いてみたんですが。
やっぱどこも直せるところはなかったです。

あ。ちなみに当然の処置として、
バッテリーが壊れたのか?と思って、
5Dのバッテリーも買って試してみました。
ダメでした。本体が限界だったようです。


ちなみに。どこだったかは、歩いてて見つけた、フィルムカメラの修理とかやってるお店でも聞いてみました。
でもダメでした。
それでも。それでも。って色々聞いてると。

フィルムカメラは機械寄りなので修理可能。らしい

そもそも5Dよりさらに古いフィルムカメラが直せて、なぜ5Dが直せないのか?
昔のカメラは機械的で、どっかの部品が壊れても、そこだけ交換すれば使えたけど、
今のカメラは機械というより、電化製品的。
一部分だけとか交換できないとかなんとか。

まぁその表現がドコまで正しいかは、わかりませんが、
何やらそんな感じで直せないらしいです。
あー。あー。
〓代わりに5Dで撮った写真貼っておきます。笑 その7〓

そういえば。
カメラ業界で、本体は消耗品、レンズは一生モノとかって不吉な言葉も聞いたことあります。笑
そういうことなんでしょうかね?うーむ。

5D修理できるという方はご連絡を!笑

というワケで、フィルムカメラの修理屋さんでも断られたので、
とりあえず諦めました。
でも誰か。俺が直せるぜ!という方がいたらご連絡をお待ちしています。
自薦他薦問いません。

で。結局僕のフルサイズカメラはどうなったかというと、
6Dの初代ということに落ち着きました。

これはこれでベストな選択だったと思うので、
フルサイズカメラ購入を検討中の方は参考にしてもらえれば幸いです。

ライターのカメラ遍歴まとめました

参考といえば。
これまでのカメラ遍歴をまとめた記事をアップしました。
ライターがどんなカメラを使ってきたか気になる方は読んでみてください!

レンズは50mm単焦点

ちなみにここまで5Dで撮った写真が色々貼ってありますが、
レンズは全部50mm単焦点、いわゆる撒き餌レンズです。


このレンズは古くて安いレンズですが、壊れてないです。いいレンズです。笑

カメラレンタルという選択

というワケで残念ながら電源が入らなくなってしまった5D。
古い中古の購入はお手軽ですが、それと同じくらいかそれ以上にオススメなのが、
レンタルという選択肢。



より手軽に高性能カメラの機能を試すことができちゃいます。
しかもレンタルだとニコンもキヤノンも試せる!アリよりのアリみ!
カメラ購入がちょっと不安という方はぜひお試しください。

ま・と・め!

5D初代は修理対象外だけどミラー剥落が宿命。
5D初代のミラー剥落はヒガサカメラさんへ。

The following two tabs change content below.
けいたろう

けいたろう

旅するグルメライター。 ライター歴は10年と少し。 京都と大阪を中心に巡って旅行情報サイトとブログで200本以上の記事を作成。 グルメライターのメモ帳の中味って美味しそうじゃないですか? ■自己紹介■ けいたろうについて □ちょっと自慢!□ 「抹茶ティラミス」、 「猫神社」で検索上位取得。 僕の記事が見つかります。 ぜひググってみてください! 最近、お取り寄せ沼にハマっていて、 先日、おとりよせに特化したサイト、 「おとりよせる」を開設しました。 併せてよろしくお願いします。 ■おとよりよせる https://otoriyoseru.net/

コメント